アメリカでとり白菜を用いた鍋パーティーを開催します!

カナデルのがまたろうです。

3月1日にアメリカ・ロサンゼルスで「とり白菜」を用いた鍋パーティーを開催することが決まりましたー!

石川県で長年親しまれてきた、さぶろうべいの「とり白菜」がアメリカに初上陸します。

石川とロサンゼルスを「とり白菜」鍋という食を通じて、フードコミュニケーションをしてきたいと思います。ロサンゼルスで鍋をつつくことで、お互いの距離感が縮まり新しいエモーションを呼び起こします。

とり白菜と聞かれても「?」な人も多いと思うので紹介したいと思います。

とり白菜とは

とり白菜の食べかたは至ってシンプルです。鍋底に鶏油(チーユ)を引いて、鶏肉と白菜を炒める。そして煮えて来たら、秘伝のたれに卵を入れて食べるだけです。鶏肉と白菜の味が絶妙にはまり、やみつきになってしまう味なんです。

 

とり白菜の歴史

さぶろうべいの「とり白菜」は歴史が古く、創業は昭和25年。今から60年以上前になります。さぶろうべい氏が長年かけて作り上げた味を是非アメリカの人々に味わっていただこうと思います。昭和25年というと日本が戦後間もない頃、当時作り上げた味が今も残り、地域の人々に愛されています。

 

アメリカで鍋をみんなでつつくとエモーションは起きるのか

人種のるつぼと言われ、様々な人種が集まるロサンゼルスは日系人も多く日本食を食べることはできますが鍋はそんなに食べないと聞きます。鍋を食べたことがないアメリカの人々がどんなリアクションをするのか楽しみでしょうがありません。鍋を背景にみんなが盛り上がる写真が眼に浮かぶので楽しみにしていてくださいね。

 

東京・石川県珠洲市でも「とり白菜」鍋を囲むイベントを行います!

今回のクラウドファンディングのリターンとして、3/17(金)は東京、3/18(土)は石川県珠洲市のイベント内でとり白菜鍋を囲むイベントを開催します!

東京のイベントリターンはすでに公開しているので、ぜひふるってご参加ください^^

珠洲市のイベントは詳細を詰めている最中なので、近いうちに鍋を囲む参加権をリターンとして公開しますね!

ホームページの写真を見ると、よだれが止まらなくなるので、参加を迷っている方は是非チェックしてみてください!

とり白菜の本場、さぶろうべいの公式ホームページはこちら

▼さぶろうべいの前回のイベント
【さぶろうべい】2017/1/20〜25 そごう横浜にて「冬の北陸 味と技紀行」に出展します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です