日本とアメリカで共通している働き方

こんにちは!カナデルのほーくです。

メキシコ・ティファナに向かう車内での話が楽しかったのでシェアしますね。

日本とアメリカで全く働き方が違うと思っていたら、結構共通点もありましたよ〜!

 

通勤ラッシュで大渋滞

まず驚きだったのが、通勤の大変さです。
ぼくの中でアメリカに通勤ラッシュはなくて渋滞ゼロだと勝手に思ってましたが、通勤時間帯は恐ろしいほど渋滞してました。

満員電車が車に変わっただけで、この辺は日本とあんまり変わらないのだなぁと素直に驚きでしたね。車という自分の空間があるぶん、ストレスは少なそうですが…。

 

勤務時間も結構長いらしい

現地の方に聞いたのですが、勤務時間も日本と似たような傾向があることがわかりました。

アメリカの西海岸と東海岸では時差が3時間ほどあるらしいのですが、企業によってはその時間帯に社内のやり取りをスムーズに行うため、朝から夜中まで働くらしいのです。

結構、社会の仕組みを見てみると、日本との共通点があって予想外でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

石川県金沢市で活動中のフリーランス。中小企業や個人事業主に向けてWeb制作やスマートフォンアプリ開発を行う。200名以上のブロガーが所属する最大規模オンラインサロン「八木仁平のブログカレッジ」のブログデザイン講師担当。 Webサービス開発中の大きな失敗から、世界のトップを走る人たちの考え方を吸収したいと強く感じるようになり、アメリカ行きを決定する。 活動を通して異文化に触れ、学びを発信・シェアしてするだけではなく、同じように人生の突破口を開きたい人に向けて海外旅に向かうバトンを渡したいと思いクラウドファンディング挑戦中。